ロゴ
HOME>トピックス>無自覚なのが一番ダメ!ストレスチェックで状態を把握しよう

無自覚なのが一番ダメ!ストレスチェックで状態を把握しよう

カウンセリング

ストレスが溜まる原因や状況

グローバルな時代と言われ、多くの情報等が一瞬にたくさん飛び込んで来ることもあり、その処理に追われて大変と言う人が多くなっています。時間に追われ、情報に追われていると、気が付かないうちにストレスを溜めることにもなってしまうことになると考えられます。ですが自分自身ストレスを抱えているのですが、そのことに気が付かす、だんだん重い症状になって行く人がたくさんいるのです。ストレスは、本人が気付ないうちに深く入り込んでしまう、難しい病気です。イライラしたり焦りが出たりするなどの症状があります。物事が上手く進まなくなる、考えるような結果が出ないなどと言った、不安が生じることなどで更に溜まるものとなって行くようです。人によってかかり方も違うことが特徴ですが、プライドの高い人ほど、かかりやすいとも言われるのです。一日も早く病院へ行き、ストレスチェックなどの診断を受けることが、ベストな方法と考えられます。

男性

ストレスチェックをしたほうが良い理由とは

社員が50人以上の会社に年に一度行うことを義務付けられているのが、ストレスチェックです。厚生労働省が用意したチェックを行うことで、社員一人一人の精神状態を知るテストになります。精神状態が正常であって欲しいと願うもので、ストレスが高いと判断された人は、医師からの診断を受け、回復へ向かう努力をするようにします。この方法が良いとされるものには、人間関係で悩んだり、仕事が旨く行かず一人悩み、ストレスを抱えたりすることが多くなって来ていることがあるからです。上司が悩みを全て見抜くことが難しく、チェックを行うことで、問題を抱えていることが判ることも会社にとっては良いことになります。そのストレスを、一日も早く解消することで、元気に働くことが出来るようになるからです。